BLOG

BLOG


口座振替サービス(集金代行サービス)はどうやって選べばいい? 各サービスの特徴と比較

口座振替サービス、集金代行サービスとは?

企業や個人事業主にとって売上の回収は重要事項ですよね。

しかし取引先様が増えていくほど、入金確認の手間や未入金のリスクなどが生まれます。
こうした悩みを解決する方法のひとつとして、口座振替サービス、集金代行サービスがあります。

口座振替サービス、集金代行サービスとはどういったサービスなのか、そのメリットやデメリット、導入する際はどういったポイントで選べばよいのかなどを各社サービスの特徴と共にご紹介いたします。


口座振替サービス、集金代行サービスとは?

口座振替サービス、集金代行サービスとは?

口座振替サービス、集金代行サービスとは、顧客から支払われる代金を企業や個人事業主の代わりに代行して回収してくれるサービスのことです。

口座振替サービス、集金代行サービス、決済サービスなどサービスの名称は企業によって様々ですが、いずれも集金関連の各種手続きや顧客との折衝を、請求する企業や個人事業主に代わって請け負ってくれるサービスです。


▼口座振替サービスとは

「口座振替サービス」は、利用者にとっては、毎月の料金を自動で支払ってくれるサービスであり、クレジットカード会社やNHKなど、料金を回収する事業者(収納企業といいます)にとっては、自動でお金を回収してくれるサービスです。
引用元:ソニー銀行 公式ブログ

▼集金代行とは

企業の集金業務を代行し、販売企業側の集金業務と未回収リスクを軽減するためのサービスです。
引用元:アプラス

口座振替サービス(集金代行サービス)を利用した場合のメリット・デメリット

口座振替サービス(集金代行サービス)を利用した場合のメリット・デメリット

口座振替サービス(集金代行サービス)を利用した場合のメリットは下記のようなものが挙げられます。

メリット

  • 入金確認や未入金の際の督促をする手間が省ける
  • 回収保証のあるサービスであれば未回収リスクがなくなる
  • 取引先様にとっても、振込の手間や金額のミスなどがなくなる

メリット

  • サービス利用には手数料がかかる
  • 利用開始までに審査等で時間がかかることがある

自社内で集金業務を行っている場合、未入金の際の顧客への督促は気を遣う、連絡を躊躇する・・ということもあるかもしれません。
口座振替サービス(集金代行サービス)には未入金の際の顧客への確認・連絡といった業務もサービス内容に含まれていることが多いですので、そういった心理的な負担を軽減できるのも良いところですね。

また振替は自動で回収されるため、未入金のリスク自体も減少します。

回収保証のあるサービスであれば、保証料を支払う必要はありますが仮に顧客が支払いをしてくれない・・というときでもサービス提供会社がしっかりと保証してくれるので安心です。

一方、デメリットで挙げたとおりサービスの利用には手数料がかかります。
初期費用など最初だけかかるものもあれば、月額料金・取引手数料など利用する間かかり続けるランニングコストもありますのでサービスの導入を検討する際には、かかる費用と減る手間を天秤にかけながらしっかりと考える必要があります。

どんな手数料がかかるの? 口座振替サービス(集金代行サービス)利用時の手数料について

どんな手数料がかかるの? 口座振替サービス(集金代行サービス)利用時の手数料について

口座振替サービス(集金代行サービス)導入にあたって必要になる料金は、各サービス提供会社によって変わります。
代表的な手数料として下記のような手数料が挙げられます。

・初期費用

無料~数万円かかるところまでサービス提供会社によって金額は様々です。他社からの乗り換えや月の取引件数など、条件次第で初期費用無料になるサービスもあります。

・月額料金

利用の有無に関わらず月額料金が発生するサービスと、利用のない月は月額料金のかからないサービスがあります。月によって利用があるかどうかはまちまちになりそうだという企業や個人事業主の方は事前に確認が必要です。

・回収した代金を自社に振り込む際の振込み手数料

数百円であることが多いですがこちらもかかるところが多いです。

・その他手数料

そのほかサービスによって名称や有無は異なりますが、取引した件数ごとにかかる手数料や不備があった際の取消手数料などの手数料が口座振替サービス利用にあたっての手数料として挙げられます。

口座振替サービス(集金代行サービス)利用にあたっては、初期費用や月額費用のほかにも細々とかかってくる手数料があります。
ほかのよくあるサービスのように月額〇円プラン、のようなものがほぼ存在しないためかかる費用の確認に関しては問い合わせを必要とするところがほとんどです。

気になるサービスがあれば、問い合わせて見積もりをとることが費用の把握には確実といえます。

どこを選べばいいの? 口座振替サービス(集金代行サービス)導入の際の業者選びのポイント

どこを選べばいいの? 口座振替サービス(集金代行サービス)導入の際の業者選びのポイント

ポイント1. サービス導入で解消したい悩みを明確にしておこう!

何か新しいサービスの導入を検討している場合、解消したい悩みや課題があることと思います。 口座振替サービス(集金代行サービス)の導入によって解消したい御社の悩みは何でしょうか?

入金確認、未入金の際の督促などの手間を減らしたい・・
新規の取引先様と大口取引を行う際の不安をなくしたい・・
集金漏れを防ぎたい・・

解消したい悩みや課題を明確にしておくことで、各社のサービスを比較検討して取捨選択する際の指標になります。

例えば・・・

■未回収のリスクをなくしたい! が悩みだった場合

与信管理や督促業務、未回収の際の保証などが含まれるサービスの検討がおすすめです。
新規の大口取引であっても、与信管理から代金保証までをサービス提供会社が行ってくれるので安心です。
ただし回収保証のあるサービスは保証料として取引金額の数%を支払う必要があり、取引金額が大きくなるほど保証料も高くなります。

■取引先の数が多くて入金確認の手間がかかる! が悩みだった場合

回収保証は特にない集金代行に特化したサービスの検討がおすすめです。
取引金額ごとの保証料が不要なため、取引件数や取引金額にもよりますが回収保証があるサービスより利用料を安く抑えつつ入金確認などの手間はなくすことが出来ます。

ポイント2. 自社に導入可能な条件のサービスかどうかを確認しよう!

気になるサービスを見つけたあとは、自社に導入可能な条件のサービスかどうかを確認しましょう。

サービスによっては最低取扱件数の下限が定められている場合(月に最低10件以上~など)や、サービス利用期間に最低何年以上継続など縛りを設けているものもあります。
もちろん最低取扱件数1件からOK、個人事業主の方の利用もOKなサービスもありますので、導入検討の際はサービス内容と合わせて自社に導入可能な条件となっているかどうかを確認しましょう。

ポイント3. ランニングコストを確認しよう!

サービスの導入にあたっては、初期費用などの最初だけかかるイニシャルコストと、サービスを利用する間かかりつづけるランニングコストがあります。

社内でのみ利用するサービスであれば試してみて合わなかったら止めるという判断も出来ますが、取引先様にも大きく関わることとなる口座振替サービス(集金代行サービス)は一度導入すれば簡単に「やっぱり止めます」「来月から変更します」とは言えないですよね。
その際、ランニングコストは重要となります。

利用継続が可能な予算感かどうかしっかりと把握し検討することが大切です。

代表的な口座振替サービスの特徴と比較

リコーリース 口座振替サービス

MASE Event Terminal

リコーリース株式会社が提供する口座振替サービス。
初期費用無料、請求件数1件から利用が可能。利用のない月は月額料金も無料。導入までは審査期間として2~3ヶ月ほどかかる。

リコーリース 口座振替サービス の公式サイトはこちら

ROBOT PAYMENT 口座振替サービス

MASE Event Terminal

株式会社ROBOT PAYMENTが提供する口座振替サービス。
導入までの審査期間が最短2営業日と比較的短期間での導入が可能。
初期費用0円~(最安の0円となるには取引件数や他社からの乗り換えなど条件によります)。1件から取引可能。

ROBOT PAYMENT 口座振替サービス の公式サイトはこちら

GMOイプシロン 口座振替決済

MASE Event Terminal

GMOイプシロン株式会社が提供する口座振替決済サービス。
初期費用が法人、個人問わず無料。月額利用料3,000円。(利用のない月も月額利用料がかかります)
最短1営業日での導入が可能。

GMOイプシロン 口座振替決済 の公式サイトはこちら

Paid

MASE Event Terminal

株式会社ラクーンフィナンシャルが提供するBtoB/企業間の後払い決済サービス。
回収保証があるため、入金確認や督促業務を気にすることなく継続的な請求が可能。定額またはサブスクリプション方式のサービスを提供する企業におすすめ。
初期費用、月額料金は無料。保証料率が取引金額の~2.9%。

Paid の公式サイトはこちら

掛払い.com

MASE Event Terminal

株式会社キャッチボールが提供する掛払い決済代行サービス。
信用調査から請求業務まで代行。回収保証があるため新規の大口取引なども安心して行うことが出来る。
初期費用無料。決済手数料 1.2~3.6%。

掛払い.com の公式サイトはこちら

まとめ

口座振替サービス(集金代行サービ)は導入することで、集金に関連する業務の手間を削減し、未回収リスクを減らすことが出来ます。
これまで集金関連に割いていた社内リソースを別の業務に充てることも可能です。
また顧客にとっても、自ら振り込む手間がなくなるなど企業と顧客双方にメリットがあります。

利用にあたってはランニングコストもかかるため、かかる費用と得られるメリットの両方を天秤にかけてしっかりと検討するようにしましょう。

今回ご紹介したように各種ツールやサービス導入の際の選定、サイト制作の際の制作会社の選定などにあたってはどういった基準で選べばいいのか迷うことも多いですよね。
下記の記事ではWeb制作会社の選び方について全8回に渡って詳しくご紹介しています。ぜひご参照ください。

Web制作会社の選び方【第1回】Web制作の基礎知識


株式会社SERENDECはお客様の課題、目的、運営状況を把握した上で、オーダメイド型の最適なサービスをご提供いたします。
各種の制限(予算、納期、社内リソースなど)がある中で、お客様が本当に必要なものを考えてご提案いたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。





一覧に戻る

TO PAGE TOP

close