BLOG

BLOG


IT導入補助金 バナー

「IT導入補助金」を活用してWebサイト制作・業務効率化しませんか?

IT導入補助金 バナー

「IT導入補助金」を活用してWebサイト制作・業務効率化しませんか?


「ホームページ」と「webサイト」の違い

「ホームページ」と「webサイト」の違い

普段よく目にする「ホームページ」「webサイト」。この2つの言葉を何気なく使っていることが多いですが、厳密に言えば意味が異なります。

しかし、世間一般では同じような意味で使われることが多いです。では「ホームページ」と「webサイト」はどのように違うのか? なぜ同じような意味で使われているのか? などをご説明したいと思います。

ホームページとは?

ホームページ (home page, homepage) とは、本来はウェブブラウザを起動した時に表示されるウェブページなどの画面(ページ)である。 そこから派生して各ウェブサイトのトップページを指す意味でも用いられる。ウェブサイト全体を指す意味に誤用されることもある。「トップページ」は和製英語である。
引用元:wikipedia

ホームページとは本来、インターネットブラウザを開いたときに「最初に表示されるページ」のことを指しています。HPと略されることもあります。

インターネットブラウザとホームページ

今でも、インターネットブラウザのいくつかにはホームボタンが設置されており、クリックすると「ホームページ」が表示されます。(インターネットオプションにある「全般」にホームページを設定する箇所があります。)

webサイトとは?

ウェブサイト(英: website)は、World Wide web (WWW) 上にあり、一般に特定のドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのこと。サイトと呼ばれることもある。 企業などの団体が自身を紹介するため自ら構築したサイトを、その団体の公式サイトなどと呼ぶ。 ホームページと呼ばれることもあるが、この用法は誤用とされる場合もある。 また、ウェブサイトのトップページのみをさしてホームページと呼ぶ場合もある。
引用元:wikipedia

ワールドワイドウェブ(www)上にある複数のwebページを束ねたものがwebサイトです。

webページとwebサイト

たとえばYahoo!ニュースなどの記事をご覧になることもあると思います。これらの記事のことを「webページ」、それらのページをまとめているYahoo!JAPANなどが「webサイト」です。

普段良く目にする「詳しくはホームページをご覧ください」「ホームページを開設しました!」といった表現は、実はwebサイトのことを指します。

ではなぜホームページと呼んだりするのでしょうか?

2000年頃から急速にインターネットを利用するユーザーが増え始めました。近年ではPCを持っていなくても、スマートフォンだけでwebサイトを手軽に見ることができるようになりました。老若男女、幅広い世代で利用されるようになったのも一つの理由と言われています。

  • 「webサイト」よりも「ホームページ」という響きのほうが柔らかい印象で記憶に残りやすい。
  • コンピュータに詳しくない人へ説明する時「webサイト」と言うより「ホームページ」と言うほうが理解してもらえた。
  • 某大手コンピュータ企業が「ホームページ」を「ビルド」する製品を開発して、誰でも手軽にwebサイトを制作することができるようになり、その製品名から連想するようになった
 
など、諸説あります。 正確には間違っていたとしても、「ホームページ」という呼び方が市民権を得た(デファクトスタンダードになった)ということで、そのまま使われるようになった、ということかと思います。

結局どっちで呼べばいいのか

webページの集合体という意味なら、「webサイト」という表現が正しいです。海外でも、ホームページ(homepage)とwebサイト(website)は明確に区別されています。

ただ、あまりwebに詳しくない方へ「webサイト」と言っても伝わらないこともあります。そういった方へは「ホームページ」という表現を使うなど、柔軟に言い換えていくことも必要かもしれません。

弊社はweb制作会社と名乗っております。

弊社はホームページ制作会社、ではなく「web制作会社」と名乗っております。webサイトの構築から広告、SNSの運用、webマーケティング、web集客、企業ブランディングなど多岐にわたって業務を行っていることもあり、「web」という表現を採っています。

最近では横文字を用いた会社名も増えてきています。

「クリエイティブ・エージェンシー」「デジタルマーケティング」といった、ホームページ以外の横文字の会社名が増えてきました。webサイトの制作だけではなくもっと大きい範囲を対象とする会社も増えていることから、最近では「ホームページ」という表現を使うところも少なくなってきました。ただし、SEOの観点から「ホームページ」などの語句で検索されるお客様をターゲットに、あえて「ホームページ制作会社」とする会社もあります。

適切な命名はビジネスチャンスを広げる! 会社名、サービス名を決めるときのコツと注意事項、参考事例

ちなみに海外でweb制作会社のことはなんと言うでしょうか。

「A website design company」と言います。 ちなみに日本で言う「ウェブデザイナー」は、海外では「website designer」と言います。やはりwebサイト、という表現が必ず入っていますね。

まとめ

ホームページとwebサイトの違いについて、おわかりいただけましたでしょうか。 これらの違い・意味を理解しておくことによって、今後あらゆる状況に柔軟に対応していくことができるでしょう。



一覧に戻る

TO PAGE TOP

close